数年後には大きな変化が生まれるアンチエイジングケア

ほうれい線ケア~毎日できる手軽なアンチエイジング~

アンチエイジングには様々な方法がありますが、継続しやすいものでなければ続けることができません。 長く続けてこそ成果が見えてくるものなので、自分にとって続けやすいものを探すことが大切です。

まず、しっかり睡眠を取ることから始めてみましょう。 寝ている間に昼間傷ついた細胞が再生されているので、睡眠時間が足りない人は紫外線の悪影響などを受けやすくなってしまいます。

最低でも6時間以上、できれば7.5時間ほど眠ることができるように調節してみてはどうでしょうか。 特に夜10時から深夜2時間までの時間帯は成長ホルモンが活発に分泌される時間帯なので、この時間には布団に入るようにしたいですね。

次に、食事に関することも考えましょう。栄養素が多く含まれている野菜類を中心に食べるのがおすすめです。しかし、栄養素は単独では作用しないため、バランス良く様々な栄養素を摂取することが大切です。

野菜だけ、肉だけ、魚だけ、というように偏ってしまうのではなく、様々な食材をバランスよく取り入れることができるようにしましょう。

野菜を食べる際には、緑黄色野菜がおすすめです。 緑黄色野菜にはβカロテンが含まれているのですが、βカロテンには高い抗酸化作用があり、アンチエイジング効果が期待できるからです。

s それから、適度な運動を取り入れることもアンチエイジングやほうれい線対策に欠かせません。特に日中はデスクワークをしているためほとんど身体を動かさないという人の場合、ちょっとしたウォーキングを取り入れるだけでも高い効果が期待できます。

できれば運動は毎日継続したほうがいいのですが、それが難しい場合は週に回程度ウォーキングの時間を取るように心がけてみてはどうでしょうか。

それまで運動不足だった人がウォーキングなどの運動を取り入れると、顔色が良くなったり、肌トラブルがなくなるなど、目に見える効果が現れることも多いです。また、運動を取り入れることで適度に疲れるので、睡眠の質が上がり、アンチエイジング効果が高まります。

アンチエイジング用の基礎化粧品を選ぼう

基礎化粧品は、誰もが日々使っている物ですがその化粧品に、もし肌に悪影響を及ぼす成分が配合されていたら、どうしますか?当然、時間の経過に伴い、肌には少なからず問題が出てくる事になるでしょう。 自分の将来の肌を守る為にも、基礎化粧品を選ぶ際の注意点をご紹介していきます。

まずは、石油系の界面活性剤不使用の物を選びましょう。界面活性剤は、化粧品を作る際に欠かす事が出来ない成分でほとんどの界面活性剤には問題がないのですが一部の石油系界面活性剤には、強力な作用をもたらすものがあります。

肌のバリア機能を低下させ、乾燥肌へと変化し、しわやたるみの要因となってしまう可能性があります。 特に、洗浄力の優れたクレンジング剤や洗顔料には、石油系界面活性剤が配合されている場合があります。

また、化粧下地やファンデーション等は、長時間肌に付着している状態である事が多いのでメイクはその日のうちに必ず落とす事が大切です。

避けるべき石油系界面活性剤は、以下の通りです。トリエタノールアミン、直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム、エデト塩酸、ラウリル硫酸ナトリウム、ラウリル硫酸塩、ポリエチレングリコール、ラウリル硫酸トリタノールなどが挙げられます。

次に、洗浄力の強力なものは避けましょう。洗浄力が強いと、綺麗に落とせると言うイメージもありますが必要以上に皮脂を洗い流してしまっている事になります。 その結果、乾燥肌を招くなど、肌トラブルを引き起こす原因になります。

以前、海外製品の洗顔料を使用していた時期がありましたが脱脂力が強力だったので、アトピー肌のような状態に肌がごわついてしまい後々非常に大変な思いをした経験があります。

効果的な洗顔料やメイク落としの特徴としては、洗顔後、ツッパリ感がなく、洗い残し感のないさっぱりとしたもので、かつ、頬に手を当てると、しっとり感が残るような物が適しているかと思います。

最後に、アルコールや油分の多い製品は避けましょう。アルコール配合の化粧品は、使い心地もさっぱり感があるのでオイリー肌の人には特に人気だと思いますが その分、肌へかかる負担も大きいと言う点も注意しなければなりません。

また、油分の多い化粧品も、当然肌に負担をかけています。最近では、とろみがあるようなテクスチャーの化粧水や乳液などが、市販でも見かけますが油分を多く含んでいる製品もあるので、保湿しなければならないからと言って、つけすぎてしまうとかえって皮脂分泌を過剰にしてしまう事に繋がる場合もあります。

結局は、今の自分の肌状態に合わせた化粧品を使用する事が一番です。アンチエイジング目的なら尚更です。

女性の肌は、ホルモンバランスや生活環境に対して、ダイレクトに影響を受けやすくなっているので 職場の環境によって乾燥肌になってしまったり、出産後体質が変わり、本来とは違う肌質へ変わる事だってあります。

当然、加齢も影響します。ですから、今の自分に見合った物を選ぶと言う事がポイントになってくるのです。

それは当たり前の事なのですが。今は様々な情報が錯誤しすぎていて特に化粧品なんかは、CMやブランド、コスパの良さ、使用者のレビューなどを見て選んだりしがちです。でもそれは、自分に合っているのかどうかと聞くと、疑問ですよね。

選ぶ化粧品が、どういう成分で出来ているのか肌へ及ぼす影響、効果はどういうものか 自分の肌に合っているのかその注意点を忘れないようにして下さい。

正しい睡眠でアンチエイジング

美肌作りに欠かせない睡眠。最近夜更かししたり、生活リズムが乱れがち…と言う人は要注意です。睡眠時間を確保する事は、美肌を作る為にも非常に重要になってくるのです。

肌は、古い細胞が汚れや垢となり、皮膚から剥がれ落ちて排出され、新たな細胞、皮膚へと生まれ変わる機能を持っています。これは肌のターンオーバーと言われる機能で就寝中にだけ行われる働きなのです。 人によって個人差はありますが、大体28日周期で、ターンオーバーが行われます。

でも、夜更かししたり、生活リズムが崩れて、睡眠時間が不足してくるとターンオーバーが遅れてしまうようになったり正常に行われなくなったりするので、しみやしわだけでなく、たるみや他の肌トラブルを引き起こしやすい状態を作ります。

よって、このターンオーバーを正常に機能させる為にも、睡眠は必要不可欠なのです。ではターンオーバーの機能を正常にするには、どうすれば良いと思いますか?

睡眠が必要不可欠と言いましたが、ただ寝ると言うだけでは、効果的とは言えないのです。寝る時間帯なども関わってくるのです。

ポイントとしては、午後10時から午前2時の時間帯はシンデレラタイムと言われる程美容には欠かせない時間帯です。と言うのも、ホルモンの機能や新陳代謝が活発になる時間帯と言えるのです。 また、6時間は最低でも睡眠時間を確保しましょう。

これらを意識して習慣化する事によって、生活リズムを調整しましょう。成長ホルモンの分泌は、睡眠の質にも関わってくるので深い眠りにつけるような工夫をする事も重要です。

例えば、就寝前に脳を興奮状態にさせる(携帯やテレビを見たりする)事は避けて今から寝るという環境、体制を作りましょう。他には、寝る前に軽めのストレッチを行う事もおすすめです。

人は睡眠中に、疲れた体を回復しようとする機能があります。回復させる為にも、当然エネルギーは消費するので就寝前に、ビタミン系のサプリメントを飲んでおく事で、回復の効果も高められると思います。

また、美容成分配合のクリームや美容液を使っておくと、ターンオーバーとの効果と合わさり さらに美肌を目指せるのではないでしょうか。