硬水と軟水では含まれる成分が異なります!

水でアンチエイジング

モデルは、一日に3リットルもの水を飲んでいると言われています。つまり、水を飲むということは、美容にとっても良いことなんです。

ですが、あまり意識をして水を飲んでいるという人は多くないのではないでしょうか。 健康やデトックスのことを考えるのであれば、1日に1.5~2リットル程度の水を飲むことができるように考えてみましょう。

ですが、どうせ水を飲むのであれば、アンチエイジング効果が期待できるものを飲みたいですよね。 人間の身体の60%は水でできていると言われるほどなので、どういった水を取り入れるのかによって身体の状態が大きく変わるといっても過言ではありません。

まず、水には大きく分けて軟水と硬水の2種類があります。漢字を見てもわかるように、この2種類は水の硬さが違うのです。水の硬さといってもピンとこない人が多いかもしれませんが、これは実際に飲み比べてみると簡単に分かります。

私たちが普段飲んでいる水は、軟水に分類されます。とても口当たりがまろやかであるため、飲みやすいですよね。硬水とは水が硬く、飲みこんだ時に違和感を持つ人が多いようです。 しかし、硬水にはマグネシウムが多く含まれているという特徴があります。 そのため、便秘予防、便秘解消効果が期待できるのです。

アンチエイジングを考えるうえで、便秘を解消するということは非常に大切ですよね。 飲みにくいという問題はありますが、ダイエット目的のために硬水を取り入れている人も多いので、一度飲んでみてはどうでしょうか。

軟水はどうなのかというと、こちらは美肌作りに効果があります。 保有しているマグネシウム・カルシウムの量が少ないという欠点はありますが、飲みやすいので口から取り入れる水としてはこちらが一般的です。

近年は、炭酸水や水素水といったものも注目を集めていますよね。炭酸水には血行促進効果やデトックス効果があるので、こちらもおすすめです。水を取り入れる場合、まずは寝ている間に失った水分を補給するために朝に1杯飲みましょう。あとは午前中を中心にこまめに取り入れていくのが理想的です。

↑ PAGE TOP